【有料プラグインなし】Adobe[After Effects]まったりブログ

【AdobeCCシリーズ+Cubase+α】動画制作がんばります!

【モーショングラフィックス】簡単![塗り]を削除して[パスのトリミング]をするだけ!?

 

今回は、簡単にできる[モーショングラフィックス]です!

 

f:id:burst-signal:20180325201026p:plain

▲新規コンポジションを作成。

 

f:id:burst-signal:20180325201034p:plain

▲続いて、シェイプレイヤーを作成します。

 

 

[シェイプレイヤー]設定

f:id:burst-signal:20180325201043p:plain

▲分かりやすいように、まず画面の上の方にある[塗り]と[線]を黒色にしておきます。

 

f:id:burst-signal:20180325201052p:plain

▲続いて、左上の方にある[楕円形ツール]をダブルクリックするとこのような楕円形ができます。

 

f:id:burst-signal:20180325201100p:plain

▲今回は真円にしてみたいと思いますので、サイズを変更します。

[コンテンツ]→[楕円形1]→[楕円形パス1]→[サイズ]

[縦横比の固定]マークを外して、[1080×1080]

 

f:id:burst-signal:20180325201117p:plain

▲[塗り1]という項目で[delete]ボタンを押すと塗りが削除されます。

[コンテンツ]→[楕円形1]→[塗り1]

 

f:id:burst-signal:20180325201125p:plain

▲線幅を太くします。

[コンテンツ]→[楕円形1]→[線1]→[線幅]

 

f:id:burst-signal:20180325201134p:plain

▲[コンテンツ]のすぐ右側にある[追加]から[パスのトリミング]を選択。

 

f:id:burst-signal:20180325201143p:plain

▲[パスのトリミング1]が追加され、[開始点][終了点]の数値をいじると、この[線幅]をアニメーションさせることができます。

 

f:id:burst-signal:20180325201159p:plain

▲[線端]を[丸型]にしてソフトな感じにします。

[コンテンツ]→[楕円形1]→[線1]→[線端]

 

f:id:burst-signal:20180325201208p:plain

▲最初に黒色に設定した線の色を変更。

 

f:id:burst-signal:20180325201217p:plain

▲[パスのトリミング1]の[終了点]にキーフレームを打って、アニメーションさせます。

 

f:id:burst-signal:20180325201226p:plain

▲速度グラフなども調整して動きをつけます。

 

これで素材は完成です!

 

 

演出

f:id:burst-signal:20180325201235p:plain

▲作成した[シェイプレイヤー]を複製。

 

f:id:burst-signal:20180325201244p:plain

▲[シェイプレイヤー]の[線カラー]や[スケール]を変更。

 

f:id:burst-signal:20180325201258p:plain

▲[ポジション]を変更したり、[スケール]にキーフレームを打つ。