【有料プラグインなし】Adobe[After Effects]まったりブログ

【AdobeCCシリーズ+Cubase+α】動画制作がんばります!

④【有料プラグインを使わずに銀河をつくる】AfterEffects CC[細かすぎる設定はしたくない] 星屑で完成!

f:id:burst-signal:20180621214911p:plain

f:id:burst-signal:20180621214919p:plain

▲[コンポ1]の[コンポジション設定]を変更して、1920×1080に。いよいよ仕上げです。

 

f:id:burst-signal:20180621214927p:plain

▲[コンポ1]に作成した全ての素材を並べてみます。

 

f:id:burst-signal:20180621214934p:plain

▲プリコンポジションの[モード]を[スクリーン]にして、全てのレイヤーを3Dレイヤーに変換します。

 

f:id:burst-signal:20180621214942p:plain

▲[ホワイト平面1](光源)を[X回転]します。

 

f:id:burst-signal:20180621214950p:plain

▲カメラレイヤーを作成して見てみます。

 

f:id:burst-signal:20180621214957p:plain

▲こんな感じです。

※カメラレイヤーがうまく使いこなせなかったです、[トランスフォーム]の[リセット]をクリックしたら思い通り動きました...

 

f:id:burst-signal:20180621215004p:plain

f:id:burst-signal:20180621215011p:plain

▲[スケール]や[位置]を調整。

この段階でほぼ完成形となります。

 

f:id:burst-signal:20180621215027p:plain

▲新規平面(黒)を作成し、背景を作成します。

レイヤーの並び順も変更。

 

f:id:burst-signal:20180621215034p:plain

▲調整レイヤーで仕上げ作業。

 

f:id:burst-signal:20180621215042p:plain

f:id:burst-signal:20180621215048p:plain

f:id:burst-signal:20180621215055p:plain

▲調整レイヤーに[トーンカーブ][グロー]をかけ、調整します。

 

f:id:burst-signal:20180621215103p:plain

▲よく見ると、不自然な隙間が...

プリコンポジションに戻って、[回転]や[レベル]などを調整。

 

f:id:burst-signal:20180621215120p:plain

▲このようになりました。

 

[星屑]

f:id:burst-signal:20180621215127p:plain

▲星屑をつくるため、新規平面(白色)を作成。

 

f:id:burst-signal:20180621215135p:plain

f:id:burst-signal:20180621215142p:plain

▲エフェクト[CC Star Burst]

調整レイヤーの[トーンカーブ]の影響で色が同色になってますが、それぞれのレイヤーごとに[トーンカーブ]をかければ、異なる色を設定できますね。

 

f:id:burst-signal:20180621215150p:plain

f:id:burst-signal:20180621215158p:plain

f:id:burst-signal:20180621215206p:plain

▲[星屑]平面レイヤーの並び順を変えて、[トラックマット]を[アルファマット]にすれば雲の中だけに星屑が見えます。

 

完成です!

[星屑]レイヤーを増やして、[雲]コンポジション毎にアルファで配置したり、ちゃんと調整した[雲]コンポジションを増やしたりすれば面白いですね。

最後に一言...チュートリアルの途中でいきなり有料プラグインが出てくるとびっくりする😅