初心者BSの[After Effects][Photoshop][Illustrator][Cubase]まったりブログ

AdobeCCシリーズ+Cubaseで、まったり制作していく

テキストアニメーション 線の動きに合わせて出現 part.3 トラックマット[アルファ反転マット]

13.テキスト[After Effects][位置]にキーフレームを打つ

テキストが、下から上に出現するように、キーフレームを打ちます。

線が描かれるタイミングとマッチさせてみました。

f:id:burst-signal:20160712112241p:plain

 

14.速度グラフ調整

テキスト[After Effects]の速度、下から上に出現するタイミングなどを微調整します。

f:id:burst-signal:20160712112332p:plain

 

15.シェイプレイヤーを作成

[レイヤー][新規][シェイプレイヤー]

[シェイプレイヤー 1]が、作成されます。

[シェイプレイヤー 1]をドラッグ&ドロップして、[調整レイヤー 1][テキストレイヤー]の間にレイヤー移動させます。

f:id:burst-signal:20160712112406p:plain

 

16.[シェイプレイヤー 1]にマスクを作成

[シェイプレイヤー 1]を選択し、[長方形ツール]で線の下部分をドラッグ&ドロップします。

※[長方形ツール]を選択した時、右のほうに出てくる[塗り]をクリックすると、[塗りオプション]が開きます。

f:id:burst-signal:20160712112528p:plain

 

17.テキスト[After Effects]のトラックマット

トラックマットを[アルファ反転マットシェイプレイヤー 1”]にします。

長方形ツールで囲った部分が見えなくなりました。

f:id:burst-signal:20160712112603p:plain