初心者BSの[After Effects][Photoshop][Illustrator][Cubase]まったりブログ

AdobeCCシリーズ+Cubaseで、まったり制作していく

Motion Graphics part.1 速度グラフ調整して円を動かす

今回は、Motion Graphicsに挑戦!

f:id:burst-signal:20160813215708p:plain

4つの円形を時計回りに時間差で回転させて、頂上位置でひとつにまとまるような作品です。

何言ってるか分からないでしょうが、見ていただければすぐに分かると思います...

 

 

1.新規コンポジションを作成

f:id:burst-signal:20160813220332p:plain

名前が[コンポ2]になってますが、気にしないで下さい。

 

2.楕円形ツールで円を作成

f:id:burst-signal:20160813220425p:plain画面左上の楕円形ツールを選択し、映像画面をドラッグ&ドロップして円を描きます。

[シェイプレイヤー1]が作成されます。

 

 

3.円の位置を移動する

f:id:burst-signal:20160813220726p:plain

[シェイプレイヤー1][トランスフォーム][アンカーポイント]

アンカーポイントを画面中心に、円をアンカーポイントの真上に配置します。

 

 

4.円を動かす

f:id:burst-signal:20160813220811p:plain

[回転]にキーフレームを打ちます

[シェイプレイヤー1][トランスフォーム][回転]

開始が[0°]2秒後に[1X(360°)]

にしてみました。

円が、アンカーポイントを中心に時計回りに動きだします。

 

5.速度グラフ調整

f:id:burst-signal:20160813220937p:plain

グラフエディターを開き、速度グラフを表示します。

上記のように、山のような形にしました。

円の動きが、重力を受けているかのようなリアルな動きになりました。