読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

初心者BSの[After Effects][Photoshop][Illustrator][Cubase]まったりブログ

AdobeCCシリーズ+Cubaseで、まったり制作していく

シンプルな筆書き表現 part.1 Photoshopで素材を作る

当たり前の演出だからこそ、楽をしたい...

After Effectsで、シンプルな筆書き表現に挑戦!

f:id:burst-signal:20161102225950p:plain

 

1.Photoshopを起動

f:id:burst-signal:20161102230305p:plain

[解像度]...印刷用ならば[300dpi]〜[350dpi]らしいので、とりあえず[300dpi]です。

 

2.画像を配置

f:id:burst-signal:20161102230344p:plain

f:id:burst-signal:20161102230445p:plain

簡単な画像で挑戦です。

 

3.メニュー[選択範囲][選択とマスク]

f:id:burst-signal:20161102230543p:plain

 

4.[選択とマスク]設定

f:id:burst-signal:20161102230814p:plain

f:id:burst-signal:20161102230850p:plain

[不透明度]70%

[カラー]

[表示]選択範囲

[出力先]新規レイヤー

エッジの半径は[1px]にしてみました。

自分の作業しやすい設定で良いと思います。

 

5.クイック選択ツール

f:id:burst-signal:20161102231124p:plain

画面左側にある筆マークを選択し、画像の必要な部分をドラッグ&ドロップします。

先ほど設定した赤色で塗りつぶされました。

 

6.[OK]ボタン

f:id:burst-signal:20161102231215p:plain

範囲が選択できたら、[OK]ボタンを押します。

選択した範囲だけのコピーレイヤーが作成されます。

 

7.葉の枚数分、レイヤーを作成

f:id:burst-signal:20161102231322p:plain

メニュー[選択範囲][選択とマスク]を繰り返します。

※元画像だけに目玉マークを入れ、カレントした状態でないと[選択とマスク]が選べませんでした。

 

8.素材完成

After Effectsで使用する素材の準備ができました。

レイヤー別に、PNGで書き出します。

f:id:burst-signal:20161102233556p:plain

[ファイル][書き出し][レイヤーからファイル…]

レイヤーを、まとめて書き出せるので便利です。