【有料プラグインなし】Adobe[After Effects]まったりブログ

【AdobeCCシリーズ+Cubase+α】動画制作がんばります!

③【有料プラグインを使わずに銀河をつくる】AfterEffects CC[細かすぎる設定はしたくない] 光源

光源をつくってみます。

 

結論から言ってしまうと、最後の仕上げで[グロー]を使用するのですが、そのためか原型があまり分からなくなります。そこまで形にこだわらなくてもいいのかな?

 

気をつけた点としては、なるべく形を細長くすること

形を丸くすればするほど、カメラでパンした時に違和感がでました。

 

f:id:burst-signal:20180621214809p:plain

▲[コンポ1]でこのまま作業していきます。

新しく平面を作成します。(1080×1080 白色)

 

f:id:burst-signal:20180621214821p:plain

f:id:burst-signal:20180621214827p:plain

▲ペンツールを使って、ざっくりですが、[ホワイト平面1]にひし形のマスクをつくりました。

 

f:id:burst-signal:20180621214834p:plain

▲この作業はあまり必要なかったかもしれませんが、[頂点を切り替えツール]を使用して少し丸みをつくります。

 

f:id:burst-signal:20180621214841p:plain

▲今作成した、[マスク1]を複製します。

 

f:id:burst-signal:20180621214851p:plain

▲複製したマスクの[マスクの境界線のぼかし][マスクの拡張]などを調整して、グラデーションを演出します。

見えにくいですが、光源のコアとなる部分が輝いている感じですね。

 

f:id:burst-signal:20180621214858p:plain

f:id:burst-signal:20180621214905p:plain

▲エフェクト[タービュレントディスプレイス]で自然な感じの揺れに。

直線的だった光源が、これで違和感がなくなります。

 

これで光源の完成!